看護師を目指している方は必見です!

看護師求人~看護師になるためには~

看護師とは、医師が患者を診療する際の補助、患者の日常生活の援助を行う人です。 「保健師助産師看護師法」という法律によって、2002年3月から、男女ともに看護師と呼ばれるようになりました。

看護師は、患者さんの体と心の両面をサポートし、ケアしやすい環境を作ったり、医師と患者さんの橋渡し役になるなど、医療従事者の中でも、奥が深く、喜びも大きい仕事でしょう。看護師は、主に、看護師と准看護師に分かれます。

看護師になるには、高校卒業後に専修学校、各種学校、看護師養成所で3年間学びます。 また、看護系大学で4年間、看護系短期大学で3年間学ぶ方法もあります。 いずれも、国家試験に合格すると、看護師資格取得となります。

准看護師になるには、中学校卒業後に専門の養成施設で、昼間なら3年間、定時制の学校であれば4年間学びます。高校卒業後に、専門の養成施設で、昼間の学校であれば2年間学ぶ方法もあります。准看護師試験は、複数の都道府県で行われますので、看護師試験よりも取得しやすいでしょう。准看護師になれば、夜勤専従看護師求人などの給料・時給の高い仕事も選び放題です。

ただし、准看護師は、国家資格ではありません。 准看護師になった後に、看護師にステップアップする方法もあります。准看護師として、3年以上業務経験を積んだ後、専門の養成施設の2年課程(進学コース)で2年間学びます。 高校卒業者なら、業務経験は必要ありません。

高齢化に伴い、看護師の需要は、ますます増えつつあります。看護師になるまでは、多くの労力を伴い、体力も必要だと思います。しかし、資格を取得後は就職先に困ることは、まずないでしょう。 就職後も、体力や精神面でも、辛いことも多いとは思いますが、それ以上に患者さんから受ける喜びや、体験から得られるものも大きいと思われます。
東京医科大学病院

看護師は、育児中でも、様々な形態で働くことができます。総合病院やクリニックでのパートというスタイルもあります。時給も他のパートに比べ高く、夜勤なしというものも珍しくありません。そのため、看護師はこれからますます需要の高まる、職業でしょう。

患者さんの不安をやわらげる術前訪問

手術をする前というのは誰もが緊張するものです。手術室は術医、麻酔科医、看護師、そして様々な医療機器に囲まれていて、病棟や病室とは雰囲気が全く違います。そのため、手術室に入る直前は多くの不安を抱えている患者さんも多いはずです。不安感や緊張感を抱くと血圧上昇などを招き、麻酔の導入にも影響を及ぼしてしまいます。

手術看護師による術前訪問の第一の目的は、患者さんと対面して手術室入室に対する不安感をやわらげ、落ち着いた状態で麻酔や手術に入れるようにします。患者さんは、手術が決まると様々な情報を得たくなり、調べたり人に聞くなどするかもしれません。そのようにして得た情報に不安を募らせることもあるかもしれません。

看護師は術前の段階で、患者さんが持っている手術に対する疑問に正確な情報を与え、患者さんが手術を乗り越えることができるようにしていくのも大切な仕事なのです。

術前訪問のもう一つの目的は、「看護計画立案のための情報収集」を行うということがあります。手術に最大限で最良の結果が導き出せるように、診療・看護記録から情報を収集して、逸脱した検査値や周術期に影響を及ぼすだろうと思われる情報を得ていきます。

手術中の患者さんは、麻酔により意識がない場合もあります。同じ体位で長時間過ごさなければいけません。術前訪問では、神経障害や圧迫障害を起こさない体位を見極めるために、間接可動域や神経障害についての情報を収集します。

術前訪問には、15~30分という限られた時間の中で行われたり、手術前日の術前訪問の場合は手術が翌日に差し迫っているという状況があったり、一定量の情報を伝達する目的や多くの場合、看護師と患者さんは初対面であるなどの特殊性があります。そのため、限られた時間の中で術前訪問を成功させるには、コミュニケーション能力が重要なスキルとなってくるのです。

そのため、患者さんの入眠状況や手術や病気に対する精神状態、言動などの情報は、毎日患者さんと接している病棟看護師から得ることになるケースも少なくありません。

単発の健康診断の仕事内容とは

単発のアルバイトや派遣看護師の仕事に健康診断の仕事があります。診断にも健診と検診があるのですが、この違いはおわかりでしょうか。この二つの言葉は両方とも「けんしん」と読みますが、微妙に内容が異なります。

「検診」は、がん検診や糖尿病検診など特定疾患の検査のことです。もう一つの「健診」は、企業や学校などが行う健康診断の事を意味しています。

看護師の求人では、明確に分けられていないことが多いため、単発の健診関連の仕事を探す場合は、詳細な業務内容をチェックするようにしましょう。

健診業務の看護師の仕事内容は、主に採血、圧測定、視力・聴力などの測定、バイタルチェック、問診、心電図の介助や医療機器の操作・管理などです。

健康診断は企業や学校、行政施設、官公庁などで年に1~2回行われます。ですので、単発の健診を行うことができる看護師の需要は安定していると言っていいでしょう。最近は、春や秋など健診が集中して行われる頃に、健診センターで単発の仕事ができる看護師の募集をすることがあります。このような健診センターでの業務は、婦人科の診察の補助を行うこともあります。

単発の健診の仕事をこなすためには、的確な判断と素早い行動力が必要とされます。そのため、即戦力にならない看護師は採用されない可能性もあります。事前に自分のスキルが求人案件に合っているかどうかしっかりと確認をしましょう。また、単発の健診案件の場合は、経験年数や実績よりも手技スキルの高さや健診業務の経験があるかどうかが重視されるようです。

健診の仕事の給与は基本的に時給制です。相場は、時給1500円~2000円程度で、繁忙期などは時給2500円といった高めの時給が設定されることもあります。一日の勤務ですと、通常8時間勤務で日給12000円から16000円が平均となります。

自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができ、人命にかかわるような仕事ではないので、ストレスなく看護師の仕事を行うことができます。